原料づくりから携わる。亀岡葡萄畑プロジェクト

このプロジェクトは、休眠していたワイン用葡萄畑「福岡ヴィンヤード」を復活させる為に立ち上げたものです。

その畑は、世界の名立たる銘醸ワインを生む「カベルネ・ソーヴィニオン種」が植えられており、その葡萄から造られたワインは余韻こそ短いものの、まるでボルドーの上質なワインを思わせる風味を持ち合わせていました。

体調を崩し葡萄作りを断念した栽培家、再開を待ち望むワイナリー、ワイン愛飲家に届けたい酒販店、その三者の想いを一つにし、2013年3月「亀岡葡萄畑復活プロジェクト」を発足させたのです。

その後、京都学園大学・バイオ環境学部の教授、学生が加わり、「亀岡葡萄畑プロジェクト」に改名し、今では6次産業と言われる農業生産、加工業者、販売店が一体となる取り組みはもとより、新たに教育機関が携わるという日本では類をみないプロジェクトへと成長しています。

今週の「福岡葡萄畑」

これまでの取り組み

  出来事 畑作業 商品化  
2008年5月     丹波ワイナリーにて初めて亀岡カベルネ・ソーヴィニオンをテイスティング
2011年     2009年ヴィンテージを最後にリリース終了
2012年     栽培家 福岡氏が体調不良の為、葡萄栽培を断念したことを聞く
2012年9月     秋頃より、丹波ワインを通じて栽培家にサポート活動を依頼
2013年3月     亀岡葡萄畑復活プロジェクトを発足
2013年4月     作業開始
2013年9月     復活後初の収穫。収穫の遅れと、晩腐病の為収穫量わずか
2013年10月     丹波ワインにて醸造。
色素が出ないため、ロゼで仕上げることに。赤ワインを断念
2014年3月     京都学園大学・バイオ環境学部の学生2名が畑作業に加わる
2014年4月     「零SAKURA」ロゼワインリリース 限定187本
2014年5月     亀岡葡萄畑プロジェクトに改名
2014年6月       京都学園大学・バイオ環境学部の教授と協議の上、正式に学生が携わるプロジェクトへ
2014年9月     復活後2回目の収穫。色付、成熟度合いも昨年を大きく上回る出来
2014年10月     赤ワインとして1,500本を製品化。木樽5本で樽熟成を行う
2014年11月     3年後の収穫を目指して、白ワイン用(シャルドネ)畑を開墾
2014年12月     京都学園大学バイオ環境学部と丹波ワイン(株)が正式に連携協定に調印
2015年3月     3年目の作業開始
2015年7月     京都学園大学にて食品開発センター竣工。ワイン醸造設備導入予定
2015年9月     復活後3回目の収穫
2015年10月     ステンレス発酵が終わり、樽熟成へ
2016年3月     亀岡復活後初の赤ワインを2種類計600本を発売予定

Calendar

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
●背景赤は配送業務休止となります